20051210天下茶屋から富士山を望みながら御坂山を登る

御坂山(1596m)


時期 2005年12月10日(土)

天気 晴れ

駐車場 天下茶屋付近の道路脇

行動時間 2時間30分

コース  天下茶屋13:15-清八山分岐13:35-御坂山14:15-少し先に行って富士山展望所14:30-御坂山14:50-清八山分岐15:25-天下茶屋15:45


画像

天下茶屋前から富士山と河口湖を望みます。

2005年12月10日の記録です。


13時15分、午前中に三ツ峠山に登りました。
時間もまだ少しありましたから地図を見てすぐ近くに太宰治の文学碑がある天下茶屋まで行ってみることにしました。
太宰治が「富嶽百景」を書くきっかけになった御坂峠。

「富士には月見草がよく似合う。」と刻まれた文学碑の前で記念写真を撮って御坂山まで登ってきました。
画像

南側斜面を登っていきますから雪もなく快適な日だまりハイクです。
画像

清八山分岐から西に向かっての尾根歩きになると少し雪が積もった所も出て来ました。
アイゼンは車に置いて来てしまいました。
画像

富士山と河口湖を南側に見ながら進みます。
画像

下山して来る人の話だとほんの一部凍った所があるけど雪はほとんどないとの事です。
そして御坂山山頂は展望がないので少し先に行った所から南側が開けている事も教えていただきました。
画像

滑りやすい所は手をついて登ります。
画像

14時15分、御坂山山頂は確かに木々に囲まれています。
画像

雪が薄っすら積もった尾根道を少し先に行くと
画像

富士山と河口湖。
画像

御坂山山頂に戻ってまた来た道を引き返します。
尾根歩きの途中どんな景色を見ているのかと言うと?
画像

こんな感じの景色です。
画像

途中、展望が開けると富士山を見ながらの下山となります。
清八山分岐少し手前です。
画像

午前中に登った三ツ峠山のアンテナが良く見えます。
画像

15時45分、最後は落ち葉を踏みしめながらの下山です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス