20101023会津朝日岳からの大展望

会津朝日岳(1624,2m) 

時期 2010年10月23日(土)

天気 晴れ

駐車場 赤倉沢登山口 (いわなの里の中を通り抜けると右手に仮設トイレがあります。)
               (駐車場にはトイレはありません。)

行動時間 10時間5分(休憩を含む)

コース 赤倉沢登山口6:50-水場・三吉ミチギ7:45~7:55-人見の松8:58-叶ノ高手9:25-熊ノ平10:05‐朝日岳避難小屋 10:10-山頂部尾根10:55-会津朝日岳山頂11:00~11:50-熊ノ平12:40~12:45-叶ノ高手13:30-人見の松13:50-赤倉沢越15:00~15:25-赤倉沢登山口15:55


画像



画像


紅葉した木々の中やっとここまで登ってこれました。
コースタイムもまずまずです。



10時30分、山頂まで0,5㌔の標示が出て来ました。
ここからは視界が開けて岩場の直登です。
画像

ダケカンバ大木の枝の間から山頂が見えます。
画像

なんか大変そ~!と見上げています。
この辺まで来ると速い方は下山して来ます。
画像

振り返ると「バイウチノ高手」、「叶ノ高手」の紅葉が見事です。
画像

こんな急坂を3か所ぐらいあって進みます。
手を付いて登った方が安定するのでほとんど要所にはロープがありますが登りの時は必要ありませんでした。
ストックはしまいました。
画像

10時55分、山頂部尾根に着きました。
どうみても、ここが最高点ですが、山頂はさらにその先でした。
画像

何度見ても素晴らしい「バイウチノ高手」、「叶ノ高手」の紅葉。
画像

遠くに丸山岳、その右側後ろの至仏山が見えました。
画像

左から荒沢岳、中の岳、越後駒ケ岳、未丈岳が見えました。
画像

11時、会津朝日岳、山頂に立ちました。
山座同定盤を見ながらもう一度、確認です。
画像

この先は絶壁になっています。
画像

至仏山、荒沢岳、中の岳、越後駒ケ岳、未丈岳と確認します。
画像

ズームして見ました。
画像

良く見ると田子倉湖が見えました。
その後ろが浅草岳、左奥に重なるように守門岳が見えます。
画像

飯豊連峰方向は雲が多いです。
画像

11時50分、下山開始です。
今日は、単独の方が多く登りの山頂までで数人の方に出会いました。
下りは避難小屋止まりのグループ4人に出会うぐらいで静かな山歩きが出来ました。
画像

同じルートを帰えりますから気分的に余裕です。
画像


画像


画像

岩場の急斜面はロープを伝って下りて行きます。
画像

滑りやすいので慎重に、
画像

しかし景色も気になりますから休憩しながら下ります。
画像

ダケカンバの枝ぶり。
画像

12時40分、熊の平周辺はブナの大木が見事です。
画像

ブナの大木。
画像

叶ノ高手までは一度登り返さなければいけませんが紅葉の一番綺麗な所ですから苦になりません。
画像


画像

太陽の位置が変わってステンドガラスのようです。
画像

ドウダンツツジの葉が鮮やかです。
画像

ホツツジ
画像

ナナカマドの大木。
画像

白と赤(ナナカマド)の対比が綺麗!
画像

13時30分、叶ノ高手からの展望。
画像

13時50分、人見の松。
画像

西日を浴び出しました。
画像


画像

赤倉沢越の沢沿いでダイモンジソウが見られました。
画像

15時、赤倉沢越まで下りて来ました。膝ががくがくし始めました。
あと25分位で駐車場に着くのは分かっていましたがここで25分の大休憩。
画像

15時55分、下山しました。
画像



駐車場に戻って来るとキャンピングカーが駐車していました。
今年の7月に日光の光徳で隣り合わせた方でした。
一度、家に帰ったそうですが山を渡り歩いている方です。
蒲生岳に登って来て明日、会津朝日岳に登るそうです。


今日は只見温泉保養センターで温泉と食事をすませて道の駅「いりひろせ」まで戻って明日、ゆっくり帰る事にしました。

最近はこのパターンが多いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス