yama365

アクセスカウンタ

zoom RSS 20101023会津朝日岳からの大展望

<<   作成日時 : 2010/10/27 15:24   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

会津朝日岳(1624,2m) 

時期 2010年10月23日(土)

天気 晴れ

駐車場 赤倉沢登山口 (いわなの里の中を通り抜けると右手に仮設トイレがあります。)
               (駐車場にはトイレはありません。)

行動時間 10時間5分(休憩を含む)

コース 赤倉沢登山口6:50-水場・三吉ミチギ7:45〜7:55-人見の松8:58-叶ノ高手9:25-熊ノ平10:05‐朝日岳避難小屋 10:10-山頂部尾根10:55-会津朝日岳山頂11:00〜11:50-熊ノ平12:40〜12:45-叶ノ高手13:30-人見の松13:50-赤倉沢越15:00〜15:25-赤倉沢登山口15:55


画像



画像


紅葉した木々の中やっとここまで登ってこれました。
コースタイムもまずまずです。



10時30分、山頂まで0,5`の標示が出て来ました。
ここからは視界が開けて岩場の直登です。
画像

ダケカンバ大木の枝の間から山頂が見えます。
画像

なんか大変そ〜!と見上げています。
この辺まで来ると速い方は下山して来ます。
画像

振り返ると「バイウチノ高手」、「叶ノ高手」の紅葉が見事です。
画像

こんな急坂を3か所ぐらいあって進みます。
手を付いて登った方が安定するのでほとんど要所にはロープがありますが登りの時は必要ありませんでした。
ストックはしまいました。
画像

10時55分、山頂部尾根に着きました。
どうみても、ここが最高点ですが、山頂はさらにその先でした。
画像

何度見ても素晴らしい「バイウチノ高手」、「叶ノ高手」の紅葉。
画像

遠くに丸山岳、その右側後ろの至仏山が見えました。
画像

左から荒沢岳、中の岳、越後駒ケ岳、未丈岳が見えました。
画像

11時、会津朝日岳、山頂に立ちました。
山座同定盤を見ながらもう一度、確認です。
画像

この先は絶壁になっています。
画像

至仏山、荒沢岳、中の岳、越後駒ケ岳、未丈岳と確認します。
画像

ズームして見ました。
画像

良く見ると田子倉湖が見えました。
その後ろが浅草岳、左奥に重なるように守門岳が見えます。
画像

飯豊連峰方向は雲が多いです。
画像

11時50分、下山開始です。
今日は、単独の方が多く登りの山頂までで数人の方に出会いました。
下りは避難小屋止まりのグループ4人に出会うぐらいで静かな山歩きが出来ました。
画像

同じルートを帰えりますから気分的に余裕です。
画像


画像


画像

岩場の急斜面はロープを伝って下りて行きます。
画像

滑りやすいので慎重に、
画像

しかし景色も気になりますから休憩しながら下ります。
画像

ダケカンバの枝ぶり。
画像

12時40分、熊の平周辺はブナの大木が見事です。
画像

ブナの大木。
画像

叶ノ高手までは一度登り返さなければいけませんが紅葉の一番綺麗な所ですから苦になりません。
画像


画像

太陽の位置が変わってステンドガラスのようです。
画像

ドウダンツツジの葉が鮮やかです。
画像

ホツツジ
画像

ナナカマドの大木。
画像

白と赤(ナナカマド)の対比が綺麗!
画像

13時30分、叶ノ高手からの展望。
画像

13時50分、人見の松。
画像

西日を浴び出しました。
画像


画像

赤倉沢越の沢沿いでダイモンジソウが見られました。
画像

15時、赤倉沢越まで下りて来ました。膝ががくがくし始めました。
あと25分位で駐車場に着くのは分かっていましたがここで25分の大休憩。
画像

15時55分、下山しました。
画像



駐車場に戻って来るとキャンピングカーが駐車していました。
今年の7月に日光の光徳で隣り合わせた方でした。
一度、家に帰ったそうですが山を渡り歩いている方です。
蒲生岳に登って来て明日、会津朝日岳に登るそうです。


今日は只見温泉保養センターで温泉と食事をすませて道の駅「いりひろせ」まで戻って明日、ゆっくり帰る事にしました。

最近はこのパターンが多いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
紅葉に展望、素晴らしいですね。
山の魅力満載です。

10月は忙しくて思うように
山に行けてません。
izumiさんのHPで紅葉の山に
行った気になっています。
それにしてもきれいですね〜
ブル
2010/10/27 18:52
 小出ICから六十里越えで入られましたか!。お疲れ様です。
 紅葉、いつもの場所のドウダンツツジの鮮やかさに、二年前の山行を懐かしく思い出されました。ここも、昨日今日の雪で、白い山になりますね。
テントミータカ
2010/10/27 21:02
ブルさん
紅葉のピークと天気が晴れ、なかなかジャストで見るのって難しいですが今年は何とか間に合いました。

私もみなさんのHPからメモしています。
この山の紅葉の素晴らしさはコメントいただいているテントミータカさんの写真を見てです。
機会があったら行ってみたいと思ってここ数年。
天気が良くないと遠くから行ってもがっかりですから。

そして今年の10月11日に新潟の甘納豆さんが登られていて「紅葉のピークは今週末から1週間かな。」と書かれていました。
ギリギリセーフかなと思い晴れマークでしたから思い切って出かけました。 

私が今までに見た紅葉の中で谷川岳と会津朝日岳がベスト1、2を争っていますね。
izumi
2010/10/28 11:02
テントミータカ さん
地図を広げてやはり東京からだとこのコースどりとなります。
そうです、私が紅葉の時期に行ってみたいと思ったのは2007年と2008年のテントミータカさんの写真を見てです。
赤、黄、溢れんばかりの木々の紅葉。
なんて素晴らしい山なんだろ〜と思って見ていました。
やっと念願がかないました。

朝、明るくなってから六十里越えでしたから下に田子倉湖を見ながら道もいいので観光気分。
こんな朝早くから三脚を立てて写真を撮っている方、数人。びっくりです。日の出をねらっているようです。

私も日光白根山の樹氷の様子、写真で見ました。
これからも楽しみですね。
izumi
2010/10/28 11:29
おはようございます。
コメント遅くなりました。
何度も何度も読み返しておりました。
>太陽の位置が変わってステンドガラスのようです。
素晴らしい表現ですね。
鮮やかな紅葉・黄葉が目に浮かんできます。
自分の時は曇天のため展望はきかず、紅葉もしっとりとした幽玄の趣でしたが、izumiさんの写真を見て、図らずも好天の素晴らしい紅葉を見せて頂きました。
会津朝日を二度楽しませて貰いました。徳をした気分です。
それではまた。
甘納豆
2010/10/29 05:59
甘納豆 さん
何をするにもご不自由な所、恐縮です。
2,3年前から紅葉の会津朝日岳に登ってみたいと思っていました。
甘納豆さんの山頂付近から撮った「しっとりとした紅葉景色」も趣があって素敵ですね。

今回、朝霧が立ち込めている中を登って行ってやっとその上に出た時に遠くの山並みを見た時も感激しました。

お大事にして下さいね。

izumi
2010/10/29 12:20
こんばんは。
すばらしい黄葉です!!ブナが多そうですね。
今年は、まだナナカマドの紅葉に出会っていません。
写真からは、そんなに危険な山には感じませんが、技術度が高い山になっていますね。岩場が危ないのでしょうか。
カスミッシモ
2010/11/01 19:39
カスミッシモさん
ぎりぎりだったのですが間に合いました。
こんなに色々の木々が赤、黄と紅葉した山は初めてでした。
遠くまで遠征しただけの事はありました。

距離にしたらそんなにはないのですが岩場は私はストックをしまって登りはロープを使わずに所々は手を付いて登りました。
下りは足を滑らせても怖いのでズーット、ロープを伝って下りて来ました。
途中で景色を見ようと思ってバランスを崩して転びました。
少しスピードが出ていました。
たまたま柔らかい所でしたから良かったのですが反省です。

雨が降った後や6月のヒメサユリの時期は雪も残っていて怖い所だと思います。
izumi
2010/11/02 12:05
20101023会津朝日岳からの大展望 yama365/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる