yama365

アクセスカウンタ

zoom RSS 20100221中禅寺湖南岸尾根から社山

<<   作成日時 : 2010/02/24 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

中禅寺湖南岸尾根から社山(1826、6m)


時期 2010年2月21日(日)

天気 晴れ

駐車場  前泊はトイレのある立木観音P
      冬期通行止の中禅寺湖道路ゲート前に移動。


行動時間 9時間20分

コース  中禅寺湖道路ゲート前7:30(途中で道を間違えたのに気が付く)-阿世潟9:10-南岸尾根に取り付く9:45-1557m10:35-1633m11:30-社山から黒檜岳への稜線12:05〜13:00-社山13:55〜14:10-阿世潟峠15:10-阿世潟15:30-(中禅寺湖畔で休憩して)中禅寺湖道路ゲート前16:50


画像

社山から下山途中、南岸尾根と男体山を眺めます。
戦場ヶ原に雪が積もっているのも見えます。


中禅寺湖南岸尾根から社山までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


今回、中禅寺湖の南岸にそびえる社山に登りました。

当初は湖畔沿いに阿世潟まで歩いて阿世潟峠から社山の往復の予定でした。


7時30分、ゲート前に車を停めて出発。
画像

最初から勘違いです。
右側のガードレールの下に湖岸沿いに歩道があるのに気がつかないで
通行止の中禅寺湖道路を歩き始めてしまいました。
画像

登り道でおかしいなと思いながら対岸の山並みの写真を撮っています。
白根山が見えます。
画像

中禅寺湖道路がカーブし始めて湖岸から離れ始めて間違いに気がつきました。
戻るのも悔しいので中禅寺湖は見えていますから山斜面を下りました。
画像

湖岸の歩道に出ました。
湖畔から見る男体山は不思議な感じです。
画像

時間のロスはありましたが仕切り直して出発です。
これから登る三角に尖った社山も見えて来ました。
GPSを持っているのに見ていない!
しかし今回このロスが、素晴らしい山歩きとなったのです。
画像

民宿半月山荘付近で休憩中の二人に追いつきました。
阿世潟峠からの夏道を登らないで雪があるこの時期により展望の良い南岸尾根を登るコースを地図で見せてもらいました。
ご一緒させてもらいます。
画像

9時10分、阿世潟(1275m)の分岐を通り越していよいよ南岸尾根に向かいます。
画像

雪は少なめですがトレースはありません。
画像

9時45分、1557mに向かって急斜面を登ります。
猿が私達の姿を見つけて逃げて行きました。
ここの登りが一番長く、急坂で辛かった!!!
画像

1557m手前のピークで一息。
画像

あと一息です。
画像

10時35分、1557m、地図とGPSで確認です。
画像

ともかく常に日光連山を見ながらの登りです。
画像


画像

1633mのピークに向かって今度は私が先頭です。
トレースはありませんから快適な尾根歩きです。
画像

1633mのピーク手前の登り
画像

11時30分、1633mまで登ってきました。
さすがに先行の二人は早いです。
私達はここで食料補給しました。
画像

ピークが見えて来ました。
画像

12時5分、やっと社山から黒檜岳への稜線にでました。
この前後から鹿の糞が多く見られるようになりました。
広々として展望は360度ですからここで昼食にしました。
画像

13時、これから登る社山は目の前です。
画像

男体山と太郎山を背にしてここから一度、鞍部に下ります。
画像

シリセードーで下りました。
画像

社山、山頂付近はシラビソに囲まれていて展望はイマイチのようです。
画像

途中で振り返ると手前に登って来た南岸尾根のコブが三つ、後ろはもちろん男体山。
画像

山頂手前からシラビソ林の中を登ります。
画像

シャクナゲとシラビソの中、何処から登ろうかと迷いながらコースを捜します。
画像

最後、差し出されたピッケルにつかまってよじ登りました。
右側から男体山、太郎山、山王帽子山、於呂倶羅山、左奥に温泉ケ岳、根名草山方面
画像

そして続きは日光白根山、錫ヶ岳方向
画像

日光白根山
画像

左にシルエットで見えるのは鋸山と皇海山です。
画像

社山山頂の道標がある所はもう少し先、木々の間を抜け東に進みます。
画像

13時55分、社山(1827m)山頂です。

記念写真です。
今回とてもお世話になりました。
ありがとうございました。
地元宇都宮ハイキングクラブに所属している方です。

このコースは私はブログで知っていました。
夏道を登って来て南岸尾根コースを下ろうと思ったが下り口が良く分からなかったので引き返した事が書かれていました。
今回、確認したらピンクのテープが付けられていました。
画像

南側斜面をキーンと鋭い鳴き声とともに斜面を駆ける鹿の群れを発見。
画像

14時10分、東側に中禅寺湖と男体山を見ながら下山開始です。
画像

シリセードーで下ります。
画像

半月山を見ながら
画像

中禅寺湖に向かって伸びるような雪尾根です。
画像

ここもシリセードーで下りて
画像


画像

ビックリする急斜面が一か所ありました。
足がすくみました。
もちろんシリセードーでは下りられませんから一歩一歩下りました。
今思えば面倒でもスノーシューからアイゼンに履き換えればよかった所です。
画像

なんとか下りて
画像

途中、風に吹かれて岩石が出ているヤセ尾根を行きます。
画像

雨量観測所のアンテナが建つ1550mを巻いて下ります。
画像

社山と下りて来たヤセ尾根振り返ります。
画像

15時10分、阿世潟峠(1417m)まで下りて来ました。
画像

緩やかな樹林帯の中、阿世潟へ
画像

15時30分、阿世潟へ下山しました。
画像


この後、中禅寺湖畔で休憩してから中禅寺湖道路ゲート前に16時50分に戻りました。

今回は天気も良く無風状態でした。
積雪量も少なく、凍結した所もなかったので距離はありましたが歩く事が出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
雪楽しまれてますね。
地元の方と一緒に登れてラッキーですね。私も何度か見知らぬ方とご一緒したことがありますが、これも出合いですね。詳しい方が多くいろいろと教えられます。
GPS再生拝見しましたが、おもしろいですね。スピードが結構変わりますね。
カスミッシモ
2010/02/27 09:13
今回、時間ロスでなかなか知らないと登れないコースを行く事が出来ました。
GPS、立ち止ってコースを確認したり、写真を撮ったり、もちろん休憩している時は止まっていて面白いので何回も見て遊んでいます。
社山の山容を帰ってから地図や写真を見て急登だったのを再確認しました。
なかなか地図を読む習慣がつきません。
izumi
2010/03/01 09:54
20100221中禅寺湖南岸尾根から社山 yama365/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる