yama365

アクセスカウンタ

zoom RSS 20091031紅葉の御在所岳

<<   作成日時 : 2009/11/06 11:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

御在所岳(1212m)

時期 2009年10月31日(土)

天気 晴れ

駐車場 蒼滝トンネルを出てすぐの左側か
     少し先に行ったR477の通行止めになっている道の両側に止める

行動時間 6時間5分(休憩を含みます)

コース  駐車場7:40-(4合目)負ばれ石8:20-(5合目)ゴンドラ展望8:35-(6合目)キレット-(7合目)かもしか広場-(8合目)9:35-山上公園9:55〜10:55-御在所岳11:25〜11:30-駐車場13:45


画像

地蔵岩、不思議な光景です!



今回は4連休を取ったので少し遠い所の山に登ることにしました。
実家の京都に帰る途中、東名阪高速道路から見える鈴鹿山塊がとても気になっていたからです。

情報によると紅葉も中腹あたりが見頃のようです。
国道477号(鈴鹿スカイライン)が平成20年9月2日の大雨で通行止めになっているのは知りませんでしたが
御在所岳の中道コースを登るのにはほとんど影響はありませんでした。

7時40分、駐車場から山の斜面を見上げると多くの猿が大暴れしていました。
道にも下りて来ていました。
画像

道の両側に多くの車が駐車しています。
ここからが全面通行止めです。
画像

御在所岳山頂が見えます。
画像

7時50分、もう少し通行止めのR477を歩く覚悟をしていましたが右側に中登山道口(中道)の標識がありホットしました。
なんか地図と違うようですが?
画像

早速、急登な花崗岩の岩場が出て来ました。
画像

一瞬、展望が開けゴンドラと御在所岳の山頂が見えましたが
画像

また森林帯へ入ってガレた道を登って行きます。
画像

8時20分、4合目800mの負ばれ石です。
この辺から面白く?なって来ました。
画像

アカヤシオで有名な山のようですが狂い咲きです!!
画像

こんな狭い所をくぐりますが
画像

リュックを下ろして通過出来ました。
画像

鎌ヶ岳とゴンドラを左側に見ながら進みます。
画像

8時35分、5合目850mです。
画像

鎌ヶ岳とゴンドラと御在所岳が見えます。
画像

5合目の展望所を振り返ります。
画像

しばらく進むとこんな岩が現れて地蔵岩です。
画像

岩の間を巻いていきます。
画像

反対側から見るとこんな感じです。
画像

山頂を見上げ
画像

国見岳の後方に見えるのは釈迦ヶ岳でしょうか?
画像

8時55分、岩の上にケルンが積んである大きな岩が重なった所にでました。。
画像

6合目700mのキレットに到着です。
画像

ここは慎重下ります。
鎖もありましたが必要ありませんでした。
次の日に登った藤原岳の山頂で出会った名古屋の方の話だと一週間前に登った時はここで40分待ちだったと
言っていました。
9時前でしたが今日は順調でした。
画像

紅葉も綺麗です。
画像

キレットを振り返ります。
画像

こんな梯子も出て来ました。
画像

7合目1000mのかもしか広場から手前の国見岳と釈迦ケ岳を望みます。
画像

岩場の中を登って行きます。
画像

9時35分、大きな岩の下に8合目、1100mとありました。
ここから急坂を登り切ると
画像

富士見岩展望台に到着です。
展望台から見た紅葉、
画像

ここから山上公園まではハイキングコースでロープウェイで山頂まで登って来た人も多く急に観光地になります。
画像

9時55分、最初は山頂だと思ってましたが地図を良く見ると違います。
ここで1時間以上の大休憩してから山頂をめざします。
画像

山頂付近はこんな感じです。(クリックして見て下さい。)
画像

ロープウェイの建物の中を通ってレストラン・アゼリアの前を通って、
ここの分岐点は表道で帰りはここを下山する予定です。
画像

舗装された道を行きます。
もみじが綺麗でした。
最後は右手の階段を登って行くと山頂です。
画像

11時25分、御在所岳山頂です。
琵琶湖や伊吹山方向はさすがに見えませんでした。
画像

下山道の表道は下り始めは急坂でした。
画像

鎌ヶ岳と紅葉を楽しみながら下山となりました。
画像


画像


画像


画像

モミジの赤が見事です!
画像


画像

良く見ると滝がありました。
画像


画像

13時、紅葉見物をしながら表道を下山しました。
画像

ここからは通行止めになっているR477を歩いてもいいのですが川沿いに東海自然歩道の一部を歩きます。
画像


画像


画像


画像

13時45分、駐車場に戻りました。
画像



近くにある湯の山温泉の希望荘に寄って
四日市市内で食事や買い出しをして藤原岳の登山口まで移動しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
岩の造形。自然にできたものでしたら、何千年何万年もの年月を経てできたのでしょうね。不思議です。
狭い所をくぐる時は、もし地震が来たらどうしようなどと考えませんか。
紅葉はこれからがピークのようでしょうか。
カスミッシモ
2009/11/06 19:55
カスミッシモさん
御訪問ありがとうございます。
標高差が800m近くありますが変化に富んでいてあっと言う間に登ってしまいました。
地震ですか〜?!今思うと少しゾットしますね。
それにしても不思議な石ですよね。
紅葉は900m前後が見頃でした。
izumi
2009/11/06 21:35
20091031紅葉の御在所岳 yama365/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる