yama365

アクセスカウンタ

zoom RSS 20081004谷川岳 一ノ倉岳 茂倉岳は紅葉で染まっていました。(後編)

<<   作成日時 : 2008/10/08 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

谷川岳(1977m) 一ノ倉岳(1974m) 茂倉岳(1977m)

時期 2008年10月4日(土)
天気 晴れ
駐車場 谷川岳ロ-プウェイ駅 (一日500円)
行動時間 10時間(休憩含む)
コース 西黒尾根5:40-谷川岳トマノ耳9:25-オキノ耳9:50-富士浅間神社10:00〜10:50-一ノ倉岳11:45-茂倉岳12:05-矢場ノ頭13:30-土樽15:40

画像

(山、紅葉の写真はクリックして見て下さい。)


もう少し先まで行ってみることにしました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

10時、富士浅間神社の奥の院です。
画像

画像

この景色を見ながらゆっくり休憩、食事をしました。
ここで予定を変更して先に行く事にしました。
一ノ倉岳の稜線の紅葉が素晴らしかったのです。
一ノ倉岳、茂倉岳を登って茂倉新道を土樽に下山することにしました。
画像

画像

画像

画像

画像

振り返ります。
画像

画像

画像

画像

急登になります。
画像

画像

振り返ります。
画像

11時45分、一ノ倉岳
画像

一ノ倉岳非難小屋です。
画像

頂上は笹におおわれていて広々としていました。
画像

画像

画像

草紅葉
画像

ナナカマド
画像

歩いて来た稜線です。
画像

12時、茂倉岳、数人の方が休憩していましたが静かな山頂でした。
ここからコースタイムは約3時間です。
電車の時間は3時22分です。
あまりゆっくりもしていられません。
画像

笹がビロードのようです。
画像

茂倉岳非難小屋
画像

トイレをお借りしました。
綺麗に利用されていました。
画像

関越自動車道が見えて来ました。
画像

なだらかな稜線を下山して行きます。
画像

ここの紅葉が一番綺麗でした。
画像

画像

なかなか前に進みません。
画像

画像

画像

画像

13時30分、矢場ノ頭に到着です。55分のところ1時間25分かかっています。
画像

樹林帯の中を行きます。
画像

大きな木をまたいで行くことになります。
とても歩きにくい道でした。
画像

画像

もう足はガクガクです。
画像

14時45分、やっとなだらかな道になりました。
車の音は聞こえてきましたがなかなか着きません。
画像

15時7分、下山しました。
画像

もう途中であきらめていましたがやはり無理です。
画像

15時22分発の電車をここで見送りました。
画像

ゆっくり観光?しながら駅まで行きます。
画像

画像

画像

画像

15時40分、土樽駅前です。
周りにはなにもありませんでした。
画像

次の電車は18時12分です。判っていましたが2時間以上待つことになります。
前後して10数人の人が到着しました。
ゆっくり体を休めて待つことになりました。
画像

18時22分、土合駅は真っ暗でした。
画像

地元の方がいらしたので後について行くことになりました。
画像

トンネルを越えて
画像

18時40分、谷川岳ロ-プウェイ駅の駐車場にもどりました。
画像


お天気もよく暖かい一日でした。
赤い紅葉を堪能できました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。立山に続きニアミスですね!すごい偶然です。
オキノ耳のさらに向こうがきれいだったんですねー
私も一ノ倉岳までは行きたかったのですが
だんなが靴のトラブルでトマノ耳で待っていたので
神社で引き返しました。
この日は青空の広がる最高の一日でしたね〜。
mimi
2008/10/09 01:15
mimiさん
谷川岳は今回初めてでした。
ICを下りてからも近くて道も良くて気に入りました。気になる稜線がいくつもありました。
2時間以上駅で待っている間、地元の方や何度も登っている方々のお話を聞きながら馬蹄形コースは朝日岳から谷川岳へ登って帰りロープウェーが良いとか車はあそこに置くのがいいとか。楽しかったです。
駅でもみなさんロープウェーを使った方が多くてその混みようは聞きました。何組もの団体さんで凄かったようですね。
足の速そうな男の方達があの渋滞がなかったら3時22分の電車に乗れていたと言ってましたから。(笑)
又どこかでお会いしそうですね
izumi
2008/10/09 10:02
20081004谷川岳 一ノ倉岳 茂倉岳は紅葉で染まっていました。(後編) yama365/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる